就業規則の作成・改訂

法改正に対応しきれない、内容に不安がある

就業規則の作成は、会社のルール構築を意味します。
給与、退職金、休暇、休業、懲戒など、従業員がこれらの内容を知りたいとき、誰に聞いてもわからない、となると、不安な気持ちにさせてしまうことにもなります。

「うちは人数が少ないし、無い方が何かと都合がよさそうだから必要ない」

ということもよく聞きます。
たとえば、従業員が怪我をして休業することになったらその給与は? 社会保険料は? あるいは万が一、解雇に相当する事態が発生した場合、ルールがない状態でどういった処分を下すのでしょう? という疑問が生じてきます。

「その都度、対応する」
といっても、結局はその対応方法が、知らないうちに会社のルールになってしまった、ということもよくあります。

また、「助成金を活用しようと思ったけど、就業規則の内容が古くて受給できなかった」
ということも起こりかねず、せっかくの助成金を受けそびれてしまうこともあります。

社会保険労務士法人東京第一は、社長の思いを反映させた就業規則の作成・改訂を行うことに重点を置くことはもちろん、各種助成金も意識した就業規則の作成・改訂を行い、意味のある就業規則をまとめ上げます。

 

就業規則の作成・改定の流れはこちら

 

 

問い合わせてみる

 

サポートA・・・社会保険手続き 

サポートB・・・給与計算 

サポートD・・・助成金の相談・申請

サポートE・・・会社設立